【Photoshop】切り抜きの方法5つと便利なテクニック

フォトショップには画像の切り抜きの方法がたくさんあって、結局どの方法を使えばよいのかいまいちわかりません。

この記事ではこれだけしっておけば、ほとんどのものを綺麗に切り抜けるという切り抜きの方法を5つまとめました。

フォトショップを始めたばかりの人は、まずはこちらの方法をマスターしましょう。

 

1.画像を四角く切り抜く

1-1.キャンバスごと四角く切り抜き

まずは超基本から。キャンバスごと四角く切り抜く場合は、次の方法をとりましょう。

①切り抜きツールを選択

まずはツールバーから切り抜きツールを選択します。

②切り抜きたい範囲をドラッグ

切り抜いたい範囲を斜めにドラッグします。すると四角い切り抜き範囲がつくられます。

③角をドラッグして範囲を調整

角をドラッグすることで切り抜き範囲を調整できます。

④エンターで完了

エンターを押せば、キャンバスごと切り抜かれます。この方法で一度切り抜いた画像は、元に戻すことができないのでご注意ください。

 

1-2.1枚の画像のみ切り抜く方法

フォトショップで複数の画像が重なっているデータを編集しているとき、この画像だけ切り抜きたい(キャンバス事は切り抜きたくない)ということがよくあります。そんなときは、以下の手順で一部の画像だけを切り抜きましょう。

例)女性画像を切り抜いて、背景画像の額縁にあわる

ここでは例として「女性の画像」を額縁の大きさに切り抜いて、はめ込んでみようと思います。

①長方形選択ツールを選ぶ

②額縁サイズの選択範囲を作成

女性の写真の額縁の大きさに切り抜くので、一旦額縁の形の選択範囲を作ります。

③選択範囲を女性の画像の上に動かす

長方形選択ツールを選んだまま、選択範囲をドラッグしましょう。もし選択範囲の大きさや形を微調整したいときは、メニューバーから選択範囲→選択範囲変形をクリック

 

④女性画像を選択してマスクを作成

レイヤーパネルで女性の画像レイヤーを選択していることを確認した上え、レイヤーマスクを追加をクリック

⑤選択中の画像のみ切り抜かれる

選択範囲の形に女性の画像が切りぬかれました。レイヤーパネルを見ると、女性画像レイヤーにマスクがかかっています。このマスクというのは、その名の通り、マスクのように画像の一部を隠します。

マスクの黒の部分が隠れ、白の部分だけが見える・・・ので、結果として画像の切り抜きをしていると言えるでしょう。

⑥額縁まで移動させれば完成!

移動ツールで女性画像を額縁にはまるように動かせば完成です。

 

参考※切り抜きを解除する方法

レイヤーマスクにより切り抜いた画像は、簡単に元の大きさに戻すことができます。

元に戻すには、レイヤーパネルのマスクアイコン(白黒の小さな画像のところ)を右クリックして、レイヤーマスクを削除あるいは、レイヤーマスクを使用しないをクリックするだけです。

 

 

2.いろいろな形に切り抜き(画像や文字など)

さきほどの説明の通り、画像の上に選択範囲を作り、レイヤーを選択した上でレイヤーマスクを追加すれば、選択範囲に切り抜くことができます。

選択範囲が丸であっても三角であってもグニョグニョした形であっても、このレイヤーマスクの追加によりその形に切り抜くことができます。

 

2-1.画像を円形に切り抜き

画像を円形に切り抜く場合には、楕円形選択ツールで選択範囲を作り、レイヤーマスクを追加をクリックすれば切り抜くことができます。

※レイヤーパネルで切り抜きたい画像レイヤーがアクティブになっている(選択されている)ことを確認した上で、レイヤーマスクをついかしましょう。

 

2-2.画像をフリーハンドで選択した形に切り抜き

なげなわツールで作った選択範囲の形に、画像を切り抜く場合も同じです。切り抜きたい画像レイヤーを選択した上で、レイヤーマスクを追加をクリックすれば、選択範囲の形に切り抜くことができます。レイヤーマスクの詳しい使い方は以下の記事で解説しています。是非目を通してみてください。

 

2-3.文字の形で画像を切り抜く方法

文字で画像を切り抜くこともできます。この方法を使うと、簡単におしゃれに見せられるので良いですね。流れは上と同じで、横書き文字マスクツールで文字形の選択範囲を作り、レイヤーマスクを追加で切り抜くという手順になります。

これらの記事でイチから解説しているので参考にしていただければと思います。

 

3.色や輪郭がはっきりとしている画像を切り抜き

輪郭や境界がはっきりとしている場合は、自動選択ツールを使うのがおすすめです。1クリックで自動で選択してくれるので、ものすごーく楽。以下のようなケースでは、自動選択ツールを使いましょう。

・輪郭がはっきりとしているイラスト

・線がはっきりしている図表

・コントラストがはっきりとしている画像

・影などぼやっとした部分が少ない画像

こんなイラスト画像は典型的な自動選択ツールで選択→切り抜きをするべきものですね。

 

自動選択ツールで画像を切り抜く方法とテクニック

ここからはじどう選択ツールで綺麗な選択範囲を作るテクニックと、切り抜きまでの流れを紹介します。例としてサルワカくんの顔を切り取ってみましょう。

①自動選択ツールを選ぶ

②背景の白い部分をクリック

自動選択ツールにより、クリックした領域(同じ色の部分)がぱっと自動選択されます。

※最終的にはサルワカくんの顔を切り抜きますが、サルワカくんのかおは少し複雑です。そこで一旦白い部分を選択して、あとで選択範囲を反転させます。

③白背景(顔以外)が選択される

これで白い部分全体が選択されました。

④選択範囲を反転

メニューバーの選択範囲→選択範囲を反転をクリックします

⑤顔が選択される

選択範囲が反転して、サルワカくんの顔が選択されました。(白部分の選択はなくなります)

⑥レイヤーマスクを追加で切り抜き

切り抜きたい画像のレイヤーを選択してレイヤーマスクを追加をクリックすると、選択範囲で画像が切りぬかれます。

⑦無事切り抜かれる

サルワカくんの顔が綺麗に切り抜かれました。

このように、シンプルなイラストや輪郭がはっきりとしている写真を切り抜くときには、自動選択ツールが便利です。

必要に応じて選択範囲の反転を使いましょう。

※重要

自動選択ツールでシンプルな背景を自動選択→選択範囲の反転が便利

※ポイント

自動選択ツールを使うとオプションバーで許容値を設定できます。この許容値というのは、どのくらい似た色まで同じ領域とみなすかという程度を決める値です。

例えば、許容値を5にすると、クリックした部分とほぼ同色の範囲しか自動選択されません。一方で許容値を200くらいにすると、全然似てない色の部分までひろーく選択されます。

 

4.境界線を調整で髪の毛やふわふわな動物を切り抜き

髪の毛など、細かくて複雑なものを綺麗に切り抜くときには、フォトショップのCS5以降についている境界線を調整機能がものすごく便利です。

例として、こちらの女性の髪の毛を境界線を調整を使って、きれいに切り抜いてみます。

①クリック選択ツールを選ぶ

まず髪の毛を大まかに選択します。クイック選択ツールを使って選択したいものをドラッグしていくと、フォトショさんが選択範囲をいい感じに自動調整してくれます。

②髪の毛をドラッグして選択していく

オプションバーでブラシのサイズを少し小さめにすると、選択がしやすくなります。

複雑な毛先は、おおまかな選択でOK

③大まかに髪の毛が選択できた

毛先はかなり荒い選択になってしまいましたが、問題ありません。ここから微調整していきます。

④境界線を調整をクリック

メニューバーの選択範囲→境界線を調整をクリックします。

⑤スマート半径にチェック

境界線を調整をクリックすると、このようなウィンドウが表示されます。まずスマート半径にチェックを入れましょう。

⑥半径のつまみを右に動かす

スマート半径の下にあるつまみを右にスライドしましょう。すると画像のように選択の境界線が調整されてきれいになります。

画像ウィンドウを見ながら、いい感じに選択範囲が調整されたなというところまでスライドさせましょう。

⑦半径調整ツールをクリック

この半径調整ツールにより、さらに部分的に境界線を調整することができます。

⑧境界を調整したい部分をドラッグしていく

半径調整ツールで画像の境界がぼやっとしているなという部分をドラッグしましょう。すると、その部分だけをフォトショさんが調整してくれます。きれいに調整されるまで何回かドラッグしましょう。

⑨調整が完了したらOK

調整ができたらOKをクリックしましょう。すると髪の毛の部分に選択範囲がかかっているはずです。

⑩レイヤーマスクを追加で切り抜き

あとは、レイヤーパネルのレイヤーマスクを追加をクリックすれば、髪の毛の部分が切りぬかれます。なんだか髪の毛だけういているのは怖いですよね。

 

こちらの記事でこの女性の髪の毛をオバマさんの顔に合成する手順をイチから紹介しています。詳しい手順を知りたい方はどうぞ。

 

5.クイックマスクで選択範囲を調整して切り抜き

クイックマスクも、選択範囲を作ったり、微調整する上上でものすごく便利な機能なので、押さえておきましょう。使い方はとても簡単なのでご安心ください。

例としてこの写真を使うことにします。この中のアボカドの1つをクイックマスクを使って、きれいに選択→切り抜きしてみたいと思います。

 

(作業前に)クリックマスクとは?

クリックマスクとは、選択範囲をみやすく&ブラシや消しゴムで調整できるようにしてくれるフォトショップ機能です。

例えば、こんな惜しい選択範囲があるとします。これにクイックマスクモードを適用してみます。

クイックマスクモードにするには、ツールバーの左下のアイコンをクリックするだけです。

すると画像の一部が赤に塗りつぶされています。このうち透明な部分=選択範囲で赤で塗られた部分=選択されていない範囲になります。そしてこの赤の部分はブラシツールや消しゴムツールで塗り足したり消したりできるのです。つまり、ブラシで絵画するように選択範囲がつくれるということですね。

 

クイックマスクで選択範囲を調整する手順

①クリックマスクを適用

さきほどのクリックマスクの説明の続きから始めます。赤の塗られていない部分が選択範囲ですね。

②ブラシツールを選択

クイックマスクモード中にブラシで塗った部分は赤く(選択範囲外に)なります。

このとき、ブラシの硬さが重要になります。

ふわふわしたものOR柔らかいものを選択するときには、硬さを10%から30%程度に下げると自然な選択範囲になりやすいです。逆にこんかいのようなアボカドのケースだと輪郭が比較的ははっきりしているので、かたさは80%ほどにします。

※ふわふわなものを選択するときは、ブラシの不透明度を下げるのもこ効果的です。

③余分な選択範囲を塗っていく

選択範囲したい部分だけ残して、それ以外は赤く塗っていきます。

④塗りすぎの部分は消しゴムで消す

余分に赤くなってしまっている部分は、消しゴムツールで消していきましょう。この時もオプションバーで消しゴムの大きさや硬さ、不透明度を必要に応じて調整すると良いでしょう。

⑤選択範囲外が赤になる

こんな感じで塗られればOKです。

⑥クイックマスクを解除

クイックマスクモードを適用したときと同じアイコンをクリックします

⑦透明だった部分が選択範囲に変わった

きれいな選択範囲がつくられました。選択範囲を再度調整したくなったら、またクイックマスクモードのアイコンをクリックすればOKです。

⑧レイヤーマスクを追加で切り抜き

選択範囲がつくられたので、レイヤーパネル下部のレイヤーマスクを追加をクリックすれば切り抜きされます。

 

クイックマスクモードにより、ブラシや消しゴムを使って選択範囲を丁寧に調整できます。他の方法で選択範囲を作って、最後の最後の微調整だけクイックマスクモードで・・・というような使い方もできます。

 

その他の方法

この他にもペンツールによりパスを作り、切り抜く方法なんかもあります。しかし、ペンツールは奥が深く、使うのに結構な練習が必要になります。基本的には、ここまで紹介してきた5つの方法をつかいこなせば、ほとんどのものを綺麗に切り抜くことができるのでしょう。

 

まとめ

・カンバスごと切り抜くときは、切り抜きツールを使う

・特定の画像だけを切り抜くときは、①選択範囲を作り→②レイヤー亜ネルで切り抜きたい画像レイヤーを選択→③レイヤーマスクを追加

・四角や丸で切り抜きたいときは、長方形選択ツールや楕円形選択ツールを使う

・輪郭のハッキリとしているイラストや図を切り抜くときは、自動選択ツールを使う

・髪の毛やフサフサの動物を切り抜くときは、クリック選択ツールなどで大まかに選択→境界線を調整

・細かな選択範囲の調整にはクイックマスクを使うと便利

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。