フォトショップの画面の見方と各パーツの説明

初めてのPhotoshop:画面の見方と各パーツの説明

フォトショップをはじめて使うと、機能がやたらたくさんあってどこから覚えるべきか迷いますよね。ネットで調べるにしても、そもそも用語がわからないと何を調べれば良いか分かりません。

この記事では1番初めに覚えるべきフォトショップの基本的な画面の見方と各パーツの名称を解説します。

 

1.フォトショップの各パーツの名称

上の画像の通り、フォトショップの画面はいくつかのパーツに分かれています。

上側にある「メニューバー」、「オプションバー」、左側の「ツールバー」、右側のパネル、そして中央の画面が表示される部分は、画像ウィンドウに呼ばれています。

これらのパーツの名称を知っていると、何かわからないことがあったときにインターネットで検索しやすくなります。

例えばツールバー消えてしまったというようにパッと検索ができるわけですね。

さて、ここからは、各パーツの機能をもう少し詳しく見ていくことにします。

 

2.メニューバーの基本的な見方と役割

メニューバーで出来ることは?ざっくりと

フォトショップの操作設定や画面の表示設定、ファイルの新規作成、細かな画像加工などをメニューバーから行うことができます。

 

それぞれのメニューの役割

メニューバーには左からフォトショップ、ファイル、編集、とメニューが並んでいます。

 

メニュー フォトショップで出来ることは?

フォトショップを使う上での環境設定を行うことができます。細かい設定が多く、はじめは見てもよく分からないと思います。行うべき環境設定は、また別の記事で説明します。

 

メニュー ファイルで出来ることは?

フォトショップを使うときに1番最初に触ることになるメニューがこのファイルです。

新規をクリックすれば新しく白紙の編集画像を作ることができます。また編集したデータの保存もここから行うことができます。

 

メニュー ファイル で出来ることは?

フォトショップを使うときに1番最初に触ることになるメニューがこのファイルです。新規をクリックすれば新しく白紙の編集画像を作ることができます。また、編集したデータの保存もここから行うことができます。

 

メニュー 編集で出来ることは?

画像ファイルを編集する上での便利な操作をこの編集メニューから行うことができます。直前の操作を取り消す一段階戻るや画像のサイズを変える自由変形などがよく使われています。これらの操作はよく行うので、ショートカットを覚えておくほうが良い。

 

メニュー レイヤーで出来ることは?

レイヤーという言葉になじみのない方もいらっしゃると思います。このレイヤーといのは日本語では層という意味になります。Photoshopではレイヤーをいくつも重ねることで画像加工を行う。例えば背景画像のレイヤーがつくられ、その上の文字を載せるためのテキストレイヤーがつくられると言った具合です。とはいえ、フォトショップを実際に使う中でこの感覚を痛感でいけばよいでしょう。このメニューで出来ることもはじめに覚える必要なありません。実際に使っていく中で身につけていきましょう。

 

メニュー 書式で出来ることは?

その名の通り書式設定ができます。ただし後程説明するパネルで、書式のほとんどの設定ができてしますので、あまりこのメニューを使う機会はありません。

 

メニュー 選択範囲 で出来ることは?

画像を切り取る範囲や、色を付ける範囲を設定するための操作ができます。

 

メニュー フィルターで出来ることは?

写真なんかをおしゃれにアーティスティックに加工する機能をここからおこなうことができる。

 

メニュー ウィンドウでできることは?

あれ?パネルの●●が消えちゃった!みたいな時には、ここを探してみましょう。例えば書式設定のパネルがないみたいな時には、このウィンドウの中の文字や文字スタイルをクリックすれば復活する

 

ほとんど使わないウィンドウ

メニューのうち表示、3D、ヘルプの3つはあまり使う機会がありません。初心者の方は無視してしまってもよいでしょう。

 

3.ツールバーの基本的な見方と役割

ツールバーは、画像を加工したり、絵や線を描いたり、文字を入れたりするときに使う機能が並んだバーです。ツールパネルと呼ばれるときもあります。

フォトショップでの作業中に、最も触れる機会の多いパーツです。

上に図にツールバーの機能を一覧でまとめてみました。慣れるまではこの早見表を見ながら作業を進めると各ツールが頭に入りやすいかと思います。

また各ツールの名前を調べる上でも、この表が役に立つはずです。保存していつでも見られるようにしておきましょう。

ツールバーの各機能については、こちらの記事で詳細に説明しています。是非一度読んでみてください。

 

4.オプションバーの基本的な見方や役割

続いてオプションバーについて説明します。

オプションバーで出来ることは?

選択しているツールの設定をここで行います。使用中のツールによって、オプションバーに表示される内容は変わります。

そのため、ツールを使っていて、こういうことはできないのかな?と疑問に思ったときには、このオプションバーを見てみると良いでしょう。

 

5.パネルの基本的な見方と役割の説明

画像編集の様々な設定をしたり、便利な機能を実行したりすることができます。パネルにはたくさんの種類があります。例えば、書式設定を変えるパネル、画像の色調補正をするパネルなどです。

こちらのパネルは書式設定を変えるパネルです。フォント種類やフォントサイズ、文字色、字間、行間など、文字に関する様々な設定をここで行ことができます。

パネルの使い方と全パネル種類の機能については、こちらの記事イチから詳しく解説する。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。