画像の配置と開き方:ファイルを新規作成するには?

【Photoshop】画像の配置と開き方:ファイルを新規作成するには?

この記事では、フォトショップ作業の一番初めの部分である①画像開き方と②画像の配置方法、③画像の新規作成方法を詳しく解説していきます。

はじめは、ものすごく丁寧に説明していくので必要に応じて読み飛ばしていただければと思います。

 

1.画像をフォトショップで開く方法

加工したい写真をフォトショップで開いてみましょう。ファイル形式.jpgファイルでも.pngファイルでも構いません。画像を開く方法はいくつかあります。

 

1-1.フォルダから右クリックで開く

ファイルが入っているフォルダに行き、画像を右クリックしましょう。Macならこのアプリケーションから開く、Windowsならプログラムから開くをクリックし、フォトショップを選びましょう。

 

1-2.Photoshopのメニューから開く

フォトショップを開き、メニューバーからファイル→開くをクリックします。開きたいファイルをクリックした上で、開くをクリックしましょう。青枠で囲んだ部分は触らなくてOK

※選択対象はすべての読み込み可能なドキュメントのままにしておきましょう。ここで例えばJPEGを選んでしまうとJPEG以外のファイルを開くことができなくなってしまう。

※形式では開くファイル形式を選択できます。例えばPNG画像で開きたいときには、JPEGを選択します。

 

 

1-3.フォルダからフォトショップ上にドラッグして開く

ファイルをフォトショップ上にドラッグすることでファイルを開くこともできます。

 

 

 

2.キャンバス上に別の画像を配置(挿入)

開いた画像の上にさらに画像を載せたいときには、どうしたら良いのでしょうか。先ほどと同じ手順で画像を開くと、別のファイルとしてフォトショップ上で開かれてしまいますので、次の2パターンのどちらかで画像を配置しましょう。

 

2-1.フォトショップメニューから画像を配置する

フォトショップのメニューバーのファイル→配置から画像を重ねて貼り付けることができます。画像を選んで配置をクリックすれば完了

 

フォトショップCCのリンクの配置、埋め込みを配置?

フォトショップCCからは、配置がなくなり、埋め込みを配置とリンクを配置の2種類が登場しています。

そのためフォトショップCCの方はこのどちらかを使って、画像を挿入する必要があります。

リンクを配置

リンクの配置により挿入した画像を編集すると、元の画像(ファルダ内の保存されている画像)まで一緒に編集されます。

埋め込みを配置

埋め込みを配置により挿入した画像を編集しても、元の画像には配置されない。

 

2-2. フォルダからファイルをドラッグして画像を挿入

個人的におすすめなのは、フォルダの画像をフォトショップ上にドラッグする方法です。この方法の良いところは、複数の画像を選択してドラッグすれば、まとめて配置できることです。

 

3.フォトショップでPDFデータを開く

PDFデータについては、開くときの取り扱いが他の画像データとちょっと異なります。とくに難しいことはないのですが、参考までに紹介しておきます。

 

PDFを読み込みでの設定方法

フォトショップではPDFデータを開こうとすると、上のような画面が表示されます。ここでは各項目の意味と設定の方法をざっと説明します。

 

 

4.「スマートオブジェクトとして開く」とは?

スマートオブジェクトとは、簡単にいうと、縮小と拡大を繰り返しても、劣化しない画像のデータ形式のこと。

フォトショップで開いた写真はスマートオブジェクト化していないと、一度でも

 

5.ファイルを新規作成する

既存の画像の加工ではなく、新しく絵を描いたり、ゼロからロゴを使ったりしたいときには新しくファイルを作りましょう。ここではファイルの新規作成方法と、設定のポイントを細かく解説していきましょう。

 

5-1.新規作成の流れ

 

 

 

5-2.

このプリセットの中には様々な規格のサイズがあらかじめ入っています。もっとも便利なのは「日本標準用紙規格」でしょう。A4やA3、B5などですね。自分でサイズを指定するときには、このプリセットを指定する必要はありません。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。